SEA-DOO艇 RXT215 エンジン不動・キーが反応しない!?

[修理ファイルNo.26]


SEA-DOO艇 RXT215 2007年モデル

症状


  • エンジン不動、クランキングもしない。

  • キーを指しても反応が無く、メーターも付かない。

  • バッテリーは新品(問題無いもの)を使用していた。

 


検証 キーの反応が無いという事は・・?


バッテリーは新品使用で問題ありませんでした。

それ以外となると、何か??ちなみにメインリレーも異常なし

 

そしてキーの不具合の可能性も考えて、
点検用のキーを指して確認してみましたが、結果は全くの無反応です。

 

これで何となく絞れてきた感はありますが、理由は後で簡単にご説明します。

 

次に怪しいDESSポストを付け替えてみます。キーの差し込む側ですね。

このDESSポストはハンドルカバーをある程度分解しないと外れない為、
カバーのツメなど折らないように注意します。

 

この年式のDESSポストは3ピンタイプで、
フロントハッチ開けてすぐのカプラーに繋がっています。

 

そしてDESSポスト付け替え後、症状改善されました。

この年式くらいのSEA-DOOではDESSポスト不良、意外に多いです。

 


結果:DESSポスト交換


9.SAFETY SWITCH ¥19,690 

※税込/2020年現在

 

 


今回の症状はどういう事??

仕組みを簡単にご説明します


簡単なイラストを作りました。

 

ちなみに最近のキーの仕組みは無線周波数など使用されていますが、
それ以前のDESSキーの仕組みだとお考え下さい。

 

今回のケースはDESSポストのマグネットで作動するスイッチ(ホール素子)に
何らかの異常
があったと考えると納得できそうです。

 

ただ、これって色んなパターンが出来上がるのが厄介な所でもあると思うんですよね。

例えば、、キーが不良になったら☟が考えられますよね

 

ECUが不良になったら、、キーの認識がされなくなるのは考えられます。

メーターに「READING KEY」と表示されると思います。

ただ他にも何か症状が現れるかもしれません、、これはちょっと分かりません。

 

あとは配線ハーネス不良とかも出てくると、特定するのがだいぶ厄介になってきますね。

お手上げです・・

 

ただこの辺りの年式のSEA-DOOではDESSポスト不良は中々多かったりするので、
気をつけたい箇所だと思います。