カワサキ艇 ULTRA250X スーパーチャージャーのベルト切れ!

[修理ファイルNo.42]


カワサキ艇 ULTRA250x 2008年モデル

症状


  • ・エンジンの吹け上がりが急に悪くなった。

  • ・吹かすとエンストしそうな時があった。

  • ・確認すると、SC(スーパーチャージャー)のベルトが切断されていた。

 


検証:摩耗粉やサビ、ベルト切れの危険なシグナル


ベルトカバーを外してみると、裏側には大量のSCベルトの摩耗粉が付着していました。

ベルト切れの前兆として、このような摩耗粉がある時は要注意かもしれないですね。

 

次に外したSCです。

ベルトを掛けている円盤状の部品プーリーがサビついています

このプーリのサビも、ベルトの摩耗や切断に繋がる原因となってしまいます。

 

【SC側プーリー新品との比較画像】

 

続いてSCのベルト

【ベルト新品との比較画像】 

切れたベルトは摩耗が進んで溝が広がっているのが分かると思います。

 

状況によっては、ベルトテンショナー側のプーリーも、
錆やベアリングの不良によって交換が必要になります。
 
今回の修理では交換させていただきました。

 

ちなみにSCのベルト交換作業は、
エンジンを横に移動させる必要があるので大掛かりな作業となります。

 

これは連結したカップリングの隙間から、新品のベルトを通す必要があるからなんですね☟

 


結果:SCベルト・プーリー(SC、テンショナー側)交換


【主な交換部品】

59011. SCベルト ¥3,289

49079A. プーリー(SC側) ¥34,540

49079. プーリー(テンショナー側) ¥3,872

税込/2020年現在

※作業過程・状況によって交換が必要な部品が増える場合もございます。

 


ベルトが切れたらどうなるか??

ブースト圧チェックとプラグの焼け具合


ベルトが切れてしまったら??意外に多い質問じゃないでしょうか

 

車でいうタイミングベルトなどのように、
バルブクラッシュが起きる事はありませんのでご安心ください。

 

この不具合が出た時、カワサキ艇のルーツ式SCからの加圧された空気が
エンジン側に回らなくなってしまいます。

 

これについてはデジタルメーターにあるブースト圧計を意識してみると良いかもしれません。

ブースト圧はエンジンに送り込む空気の圧縮した圧力の事を指します

 
空気の圧縮した圧力というと、SCの働きが大きく関係しています。

SCが正常に作動している時は、特に急にアクセルを開いた段階など
ブースト圧の上昇がメーターから確認できると思います。

 

これに何の変動が見られず、なおかつ今回のように吹け上がりが悪くなってしまった時・・

ちょっとプラグ見てみましょう

 

今回の修理もプラグを脱着したところ、
中心電極含め先端部分が煤汚れで極端に黒くなっていました。

 

これもSCが正常に機能していない事で、
空気とガソリンの混合気が濃い状態(ガソリンの比率が多め)になって起きてしまいます。

 

まずはベルトが切れてしまう前に、ベルトの摩耗状況や、
プーリーにサビは無いか、把握しておく事が重要かと思います。

 

ちなみにマニュアル推奨時間では、
25時間毎にSCベルトの点検が必要
になっています。
 
気になった方は、まずはお近くのショップ・ディーラーに
ご相談されてみては如何でしょうか。