SEA-DOO艇 GTR215 純正ウェイクポール破損・修理

[修理ファイルNo.43]


SEA-DOO艇 GTR215 2013年モデル

症状・状態


  • ・ウェイクポールを使用していたら、ポール部品が破損してしまった。

  • ・ポールハンドルごと取れてしまった。

 


【高難度⁉】純正ウェイクポール修理


SEA-DOOの純正ウェイクポールは、
伸縮性のハンドル部分が抜けないようにスプリングとボールで固定される仕組みになっています。

 

今回の事例では、ハンドル部分が破損した事で
スプリングボールが飛び散っていた状況となっていました。

 

新しいハンドル部品に、このスプリングボールをセットした状態で延長チューブ(筒)に押し込む作業があるのですが、これが簡単そうに見えて意外と厄介なんですね

 

ちなみにマニュアルの方法では、ボールが飛ばないように
隙間ゲージ2つで抑え込みながら挿入するやり方です☟これまじか

 

この方法、意外と難しいんです。。

リーフがボールで押されながら押し込むので高確率でリーフ1枚死にます・・

 

最近のやり方では、バイスなどで両側を固定しながら、一気に押し込む!

今のとこ、これがしっくり来てますかね これ失敗するとボールが暴発するので一発勝負です。

 


結果:ハンドルステム交換・組付け


42.MOLDED HANDLE ¥24,200

32.SPRING-BALL ¥1,375

84.BALL 1/4”×2 ¥682(2個)

税込/2020年現在

※純正ウェイクポールを後付けされた艇は、

WAKE155、2011~2016年の分解図「ボディ」から探すと見つかります。 ネオネットマリン分解図

 

【新品との比較】

 

【完成画像】