SEA-DOO艇 GTI-SE155 プラグホールにオイルが溜まる!?

[修理ファイルNo.46]


SEA-DOO艇 GTI-SE155 2017年モデル

症状


・冬期メンテナンス時に発見。

・プラグホールにエンジンオイルが溜まっていた。

 


検証:スパークプラグパイプとは


冬期メンテナンス時、たまに今回のような症状を発見します。

そんな時に交換するべき部品「スパークプラグパイプ」これを交換していきます☟

 

シリンダヘッドカバーを外すと、プラグパイプの全貌が見えてきます。

今回はこの筒(プラグパイプ)を交換します☟

 

外したプラグパイプ、新品との比較です☟

アルミの筒の上下に、ゴム製シールが付いている構造です。

 
何となく古い方のゴムシールが縮んでいる気もするかな?

 

ドバドバに漏れるというよりも、じんわりと時間を掛けて漏れてくる箇所のように感じます。

 

この部品は、SEA-DOOの消耗部品の中でも交換頻度は多めだと思うので
チェックしておきたいですね。

 


結果:スパークプラグパイプ交換


17.スパークプラグパイプ1個 ¥4,422

ネオネットマリン 純正部品

※税込/2020年現在

 

【ヘッドカバーを外したので・・】

ヘッドカバーにもガスケットが付いていますが、
基本プラグパイプ交換を検討されている方は一緒に交換する事をお勧めします。

 

特に使用年数の経過し劣化したものは、カニが泡を吹いたような
オイル漏れを何度か目にしています・・

エンジン系はシビアな目で見て損はないでしょう。

ヘッドカバーガスケット ¥4,444 (税込/2019年末時点)