SEA-DOO艇 GTX-LTDIS260 充電不良!?ステーターコイル

[修理ファイルNo.48]


SEA-DOO艇 GTX-LTDis260 2013年

症状


・走行中、バッテリーランプが点灯した。

・エンジン始動時にバッテリーが充電されていない気がする。

・エンジン始動時のバッテリー電圧は12.3~6v前後だった。


検証:充電系統で考えられる箇所は・・??


マニュアルによると

エンジン回転時(5500rpm)にバッテリー電圧が14.5v±0.5vの数値を
示せば正常となっています。

もしバッテリーテスターなどお持ちの方は一度確かめてみましょう。

 

今回の症状では、エンジン始動時にバッテリーマーク点灯という事もあり、
バッテリーがしっかり充電されていない・低い状態となっていました。
 
※バッテリーランプは過電圧時でも発生します

 

充電系の部品で確認しておきたい部品はレギュレータですね☟

このタイプは、レギュレータ・レクチファイアの一体なので、発電機からの
電気の変換と電流・電圧の制御と大分忙しい部品ですね。
その流れでも溜まりやすいようで、これも故障の原因になってしまうようですよ。

しかし今回の原因はレギュレーター☝では無かったようです。

 

ステーターコイルの配線カプラーの導通テストで、明らかな異常が有った為
ステーターコイル」の脱着点検・交換作業に移ります。

 


ステーターコイル交換作業

実は・・水没歴有りの艇??


エンジン部品であるステーターコイルは、エンジンのPTOカバー内部に有ります。

その為、エンジン脱着が必要です。

 

PTOカバーを外した内部がこちら☟

ローター(磁石)は発電体としての役割になります。エンジンで回転しています。

 

反対のカバー側がこちら☟

先ほどのローターの内側にステーターコイルが納まるようになっています。
 
コイルの近くで磁石が動いて、電気が生まれる。。
なんか「電磁誘導」って言葉ありましたっけ?笑

 

そしてステーターコイルの不具合原因を発見しました☟

というよりも、配線がちょっと触っただけで抜けてしまいました。。

 

銅のサビ「緑青(ろくしょう)」ですね。

配線がだいぶ緑青で腐食されていました、今まで辛うじて線が繋がっていた状態?

 

話を聞くと過去に水没歴があったようです。

その影響なのか、タイムラグで錆や腐食が発生した可能性もありますね。。


結果:ステーターコイル交換


38. ステーターコイル ¥87,010

税込/2020年現在 ネオネットマリン純正部品

※状況によっては、交換部品の追加が必要になります。

 

今回は充電系の修理でした。

皆さんも走行中にバッテリーランプが点灯した時は、速やかに帰還するようにしましょう。