SEA-DOO艇 GTX155 メーター割れ・交換! データ更新

[修理ファイルNo.56]


SEA-DOO艇 GTX155 2011年モデル

症状・状態


・メーターにヒビが入ってしまった。

・そのまま使用していたら、メーターが映らなくなってしまった。

 


メーター交換作業


初めに・・今回の「メーターが付かない」という症状は、いくつか原因が考えられます。

思いついたのでこの辺り☟

・DESSポストの不具合

・DESSキーの不具合

・メインハーネス 配線カプラー類

・フューズ アース回路 バッテリーなど・・

メーターは非常に高額な部品なので、まずは☝の中で見つけておきたいとこですね。

 

今回はメーターに明らかなダメージが見られるので、このままメーター交換作業に移ります☟

 

メーターは、ツメ3か所で簡単に取り付いています。

 

新品との比較です☟

見えにくいですが、ヒビが入っていた方はメーター内部に

水滴や湿気が溜まっている感じがします。 おそらく海水も混入したのかな。

 


結果:メーター(Assy)交換


26. LCD GAUGE ¥118,800

ネオネットマリン純正部品 ※税込/2020年現在

 


メーター交換後は必ず〇〇設定!


メーターを新品に交換した後は、「PC設定」からデータの更新を行う必要があります。

これをしないとメーターを替えても警告が鳴るだけです。。おそらくエンジン掛からなかったかな?

 

ちなみにデータの更新後、走行時間(HOUR)の引継ぎもされていました☟

あとはmile表示からキロ表示に、設定にて変更しておきました。

ただこの作業は、一般のユーザー様が行うのは現実的ではないと思います。

お近くのSEA-DOO正規販売店・整備工場に任せましょう。

 

<おまけ>

ずいぶん前に、不具合のあったSEA-DOOの

メーター基盤を取り出したことを思い出しました(半分壊して)☟

SEA-DOOはメーターの基盤にブザーが組み込まれてるタイプだったんですね。

確かカワサキやヤマハは、ブザーの配線カプラーが独立して付いていたタイプだったと思います。

という事は、SEA-DOO艇で「メーターは正常だけどブザーだけ鳴らない」という症状は、最悪メーター事交換何てことも・・・