ソレックス製トレーラー ブレーキ調整方法ご紹介します

[2020年03月06日]

カテゴリー

トレーラーのブレーキが緩くなってきた経験はありませんか?

今回はソレックス製トレーラーブレーキ調整方法をご紹介したいと思います。

 
実は非常に簡単です。

ちょっと利きが緩くなってきたな~という方は是非参考にしてみてください。

また、この調整方法はZERO・KAMIKAZE・モナドトレーラーにも対応可能です。

 


用意するもの


必要なものは以下の3点です☟

①14mmのスパナ

②スパナ(ドライバーなどでも代用可)

③ネジの緩み止め材

 


トレーラーブレーキ調整


ブレーキレバーの反対側を見ると、ブレーキの調整箇所があります☟

まずは、ターンバックル両端の六角ナットを緩めます。緩める方向は矢印の通りです。

 

次にターンバックルを回して、ワイヤーの張り具合を調整します☟

ターンバックルの回す方向は、👀の向きから反時計回りでワイヤーが締まり、
時計回りでワイヤーが緩みます


 

調整をしつつ、ブレーキレバーを引き、丁度いい位置を探しましょう。

位置が決まったら、ターンバックルの両端のナットを固定します。

 

その時、ネジの緩み止め材を塗っておきます。

以上でブレーキ調整完了です。

 

もし調整してもブレーキの利きが悪い場合は、

ブレーキパッドの摩耗が激しかったり、ブレーキシステムの固着や不具合などが考えられます。
お近くの修理工場に相談してみましょう。

随時サービスブログをアップしていきます✌

気になった方は、上の案内にある読者になって新着ブログをチェックしましょう!